これは絶対やった方がいい!すっぴん時の毛穴なくすためにできること!

顔や鼻の毛穴をなくして、すっぴんでも気にならない肌になりたい!」という女性は多いはず。

すっぴんがキレイだと化粧で隠す手間もなくったり、人に肌を褒められたりとメリットがたくさんあります。

実は、この記事で紹介する毛穴ケアを行うだけで、すっぴん時の毛穴をある程度なくすことができるんです

この記事では、すっぴん時の毛穴をなくすことができる、毛穴ケアのポイントを3つご紹介しています。

さくら
さくら
毛穴ケアの3つのポイントを実践してみて、すっぴんでも気にならない美肌を手に入れましょう。

すっぴん時の毛穴なくすならコレ必須!

すっぴん時の毛穴なくすポイントは主に3つあります

  • 洗いすぎない洗顔をする
  • セラミドを補給して保湿する
  • 紫外線対策を行う

これらをふまえて毛穴のない、キレイなすっぴん肌を目指しましょう。

洗いすぎない洗顔をする

毛穴をなくしてキレイなすっぴん肌を目指すにはまず、洗いすぎない洗顔を行うようにしましょう。

洗顔しすぎてしまうと肌の皮脂が不足して、逆に皮脂が過剰分泌されてしまいます

皮脂は肌を保護したり、保湿したりする役割を担っています。

そのため、必要以上に皮脂がなくなってしまうと肌は乾燥し、皮膚を守るために皮脂を過剰に分泌してしまうのです。

過剰な皮脂分泌は、毛穴の角栓の詰まりや黒ずみなどが原因です

また、皮脂が過剰に分泌されることにより毛穴が閉じる時間が短くなり、開いたままの時間が長くなってしまうため開き毛穴になりやすくなります。

普段の洗顔で肌を洗いすぎていませんか?

毛穴をなくすためにも、皮脂を取りすぎない正しい洗顔を行うことをおすすめします。

<毛穴をなくす正しい洗顔方法>

1.洗顔する前に、蒸しタオルで毛穴を開いた状態にします。

2.洗顔料を泡立てネットでたっぷり泡立てる。

3.泡立てたら皮脂の多いTゾーンにのせていき、肌をこすらずに泡を転がすように優しく洗う。

4.次にフェイスラインを洗い、最後に乾燥しやすい目元・口元・頬を軽く泡で洗う。

5.ぬるま湯でしっかりと洗い流す。

POINT洗顔は素早く丁寧に行うようにしましょう。

肌に泡をのせている時間は、約1分を目安にしてください。

熱すぎるお湯は肌に必要な皮脂や水分を落してしまいます。

逆効果になるので熱すぎるお湯は使わず、ぬるま湯でしっかりと洗ってください。

毛穴をなくす洗顔におすすめの洗顔料:マスターホワイトフェイスソープ



クレイと酵素シリカの密着泡で、肌の汚れをすっきり落とす洗顔料です。

毛穴や乾燥などの肌の悩みにダイレクトに働きかけます。種類の美容成分配合でしっとり保湿させ、潤いのあるみずみずしい肌に仕上げます。

⇒マスターホワイトフェイスソープの詳細をみる

セラミドを補給して保湿する

毛穴をなくす洗顔を行なった後は、肌をセラミドで補給してしっかりと保湿をしましょう。

セラミドは水分をたくわえることができるため、肌にセラミドが十分にあるとふっくらとしたハリのある肌に仕上がります。

肌がふっくらすることで、開いた毛穴をグッと閉じることができます

セラミドには種類があるのですが、中でも「ヒト型セラミド」がおすすめです。

ヒト型セラミドはなじみやすく、肌にあるセラミドも強化してくれる効果が期待できるといわれています。

毛穴をなおすためにおすすめのセラミド配合の美容オイル:ピュアセラ美容オイル


3種類のオーガニックオイルに、毛穴をなくすために効果的な成分の「天然ヒト型セラミド」「和漢植物」が配合されている美容オイルです。

オイルの働きで肌をやわらかくして、セラミドを肌の深部まで浸透させます。

さらに、和漢植物エキスが肌の内側からもセラミドを養っていきます。

⇒ピュアセラの詳細をみる

紫外線対策を行う

毛穴をなくしてすっぴん肌を手に入れるためには、紫外線対策も重要です。

紫外線には「紫外線A波」と「紫外線B波」の2種類があります。

なかでも紫外線A波は波長が長く、肌の内部にあるコラーゲンやエラスチン繊維を破壊し、肌の老化を加速させます

肌の老化は毛穴の開きやたるみの原因です

また肌のバリア機能をこわして乾燥させ、これにより皮脂が過剰に分泌されるため、毛穴が開きやすくなってしまうのです。

毛穴をなくすためにも、毎日紫外線対策を徹底して行ないましょう。

基本的な紫外線対策は下記のとおりです。

  • 日焼け止めをぬる
  • 袖や襟のついている衣服を着て、肌を露出しないようにする
  • 出かけるときは、日傘・帽子・サングラスを使用する
  • 紫外線が強い時間帯10時~14時は、なるべく外出しない
  • 日差しを避けて日陰を歩くようにする

日焼け止めをぬるポイント

日焼け止めは正しく塗ることで、紫外線を効果的にカットすることができます。

まず、日焼け止めは肌全体にうすくカバーするように伸ばします。

このとき、顔の中でも額や頬など、出っ張っている部分に少し多めにぬるのがポイントです

日焼け止めは3~4時間で効果がなくなるため、こまめにぬり直すにしてください。

紫外線対策におすすめの日焼け止め:ペネロピムーン エバーピンク


ノンケミカルで国内最高数値「SPF50+」「PA++++」を実現した日焼け止めです。

気になる小じわやシミ、毛穴をカバーし、スキンケアをしながら瞬間ツヤ肌へと仕上げます。

専用のクレンジング剤が不要で、洗顔料ですっきり落とすことができます。

⇒ペネロピムーンエバーピンクを公式サイトで確認する

まとめ

今回は、毛穴ケアのポイントをご紹介してきました。

・洗いすぎない洗顔:肌にある皮脂は取りすぎないことが大切。毛穴をなくすためにも正しい方法で洗顔する。

・セラミドを補給して保湿する:セラミドが肌に浸透することによって、肌がふっくらと仕上がり、開いた毛穴をグッと閉じることができる。

・紫外線対策を行う:紫外線は肌の老化を加速させ、毛穴の開きやたるみを起こしやすくする。毎日紫外線対策を徹底して行うことがおすすめ。

この3つを行うことで、すっぴんでも気にならない肌に近づけることができます。

毛穴をなくすポイントをふまえて、誰もがうらやむキレイなすっぴん肌を手にいれませんか。